オオカミとひつじ

おおきな草原に、一匹のオオカミとひつじの兄弟が住んでいました。

オオカミは、ときどきひつじの家族を襲っては、ひつじの子供を食べていました。

 

ある日のことです。長男のひつじが、兄弟に言いました。

「今日も、オオカミにぼくらの兄弟がひとり食べられてしまった。

このままでは毎日びくびくしながら暮らさなければならない。

ぼくたちはこんなに数が多いんだ。みんなで協力してオオカミを懲らしめようじゃないか。」

 

そこでひつじの兄弟は、オオカミを捕まえるための檻を作って木に吊るしました。

「よし! ぼくがオオカミを誘い出してくるから、オオカミがこの木の下に来たときに、

檻を落とすんだ。」

 

ひつじの兄弟の作戦はうまくいきました。檻に閉じ込められたオオカミは、

ひつじの兄弟に手も足もでません。ひつじの長男は言いました。

「オオカミさん。これからは、ぼくたちを襲わないように約束してください。

約束してくれるなら、出してあげますよ。」

「そんな約束ができるわけがないだろう。お腹がすいて死んでしまう。」

「お腹がすいたら草を食べればいいんです。ぼくたちも、こぶたさんも、うさぎさんも

みんなおいしそうに食べていますよ。」

オオカミは悲しそうにいいました。

「オレは草を食べられない。早く出してくれ。」

「約束できないのなら、出せません。ごきげんよう。」

ひつじの長男はそう言うと、兄弟と一緒に嬉しそうにうちに帰りました。

 

オオカミが檻に入ってから、ひつじの兄弟はのびのびと暮らしました。

もうオオカミに食べられてしまうことはありません。ひつじの兄弟は朝から晩まで

ごろごろと横になって、草ばかり食べています。

 

一ヶ月ほどすると、ひつじの兄弟があんまり草を食べ過ぎたので、

おおきな草原の草はほとんどなくなってしまいました。

「困ったことになった。このままだと、ぼくたちは飢え死にしてしまう。

神様に頼んで草をのばしてもらおう。」

 

ひつじの長男は草原の真中に立って神様を呼びました。

「神様。もう草原にはほとんど草がありません。

もっといっぱい草をのばしてもらえないでしょうか。」

雲の間から、神様は答えました。

「無理を言ってはいけないよ。草はすぐにのびるものじゃない。

少し待てば、もとの草原に戻るじゃろう。」

「それでは、ぼくたちは飢え死にしてしまいます。」

「お腹がすいたら土を食べるといい。ミミズはおいしそうに食べているぞ。」

「ぼくたちは、土なんて食べられません。」

「それなら我慢するしかないのう。」

 

 

草原の草はすっかりなくなってしました。ひつじの兄弟はお腹がすいてたまりません。

ひつじの長男はふらふらになりながら、オオカミの檻がある木の下にやってきました。

「おお、ひつじ君。俺は腹が減って死にそうだ。君達を食べないと約束するから、

ここから出しておくれ。」

やせ細ったオオカミは消えそうな声でそう言いました。

「いいえ、そんな約束はしなくていいんです。自分がはらぺこになってやっとわかりました。

いま檻から出してあげます。」

 

一週間たつと、草原はすっかり元に戻りました。草ものびてきました。

ひつじの兄弟もいつものように、オオカミが来ると一目散に隠れました。

オオカミもやっぱりいつものように、ひつじを追っかけ草原を走りまわっています。