admin のすべての投稿

戯れせんとや生まれけむ

作/たま

水攻め、か。
一度思い付くとやってみなければ気が済まないたちである。
俺にとってこの世の全ては遊びだった。ひたすら血の沸くことを追い求め、気付けば天下は己が手にあった。
何でも思いのままになるというのは案外つまらぬものだ。俺は倦んでいた。

しかし、近頃はどうも様子が違う。俺の思うようにことが進まぬ。手下の者がこの俺に意見する。どうやら水面下で覇権を狙う動きがあるとみた。
面白い。ならば目にもの見せてくれる。真の覇者は誰であるか、思い知らせてくれる。そうした思いもあったが、何より、堤が決壊し大水が城下を呑み込む様を、ただ、見てみたかった。

そして時は満ちた。
俺がコップを傾けると同時に、なみなみと注がれていた牛乳がテーブルの上にさあっと広がり、こたつ布団をしとどに濡らした。
俺は満ち足りた思いで小さく身震いし、おしめの生暖かい湿り気を感じながら、「おかあさーん」と手下の者を呼んだ。

太郎が浜

作/たま

昔々、コウという女がおりました。
気立てが良く働き者で、海で夫を亡くしてからは、後を継いで漁師になった息子の太郎と二人で暮らしておりました。

ところが、ある日、太郎は漁に出たきり帰ってきませんでした。
心配したコウは、くる日もくる日も浜に出て太郎の名を呼びました。
潮風で顔には深いしわが刻まれ、声はしゃがれてしまいました。
あわれに思った近所の者が時折米や野菜を分けてくれましたし、コウも畑の手伝いやわらじ作りなどをして、何とか暮らしておりました。
それに、ふしぎなことに、コウが浜を歩いていますと、毎日必ず一匹、うまそうな魚が足元に打ち上げられるのでした。
そうして、その浜はいつしか「太郎が浜」と呼ばれるようになりました。

今でも、太郎が浜の貝殻を耳に当てると、子を呼ぶ母の声が聞こえるということです。
コウはその後、亀に姿を変えて息子を待ち続けたということです。

太郎がひょっこり帰ってくる、数百年も前のお話。

面白いのはここからだ。
書いては消し、消しては書いての繰り返し。
男は書き損じた誤字を丸く塗りつぶしたかと思うと、その丸を除々に広げ、そのまま幾重も連なる円を書いた。

毎週月曜日の朝刊に掲載される男の小説は、その意表を突くオチに定評があった。しかし週一の連載は男にとって重荷だった。
絞り出すようなネタが続く男の小説の評判は除々に落ちはじめ、ついに先日、男は編集者から「デビューさせたい新人がいるんだよね」という遠回しの最終通告を受けてしまった。

もう後がない。かくなる上は…
追い詰められた男は知らぬうちに狂気のふちにいた。
男は書きかけの原稿用紙を全て消した後、脇にあったノートパソコンに目を移し、以前から目をつけていた無名作家のブログにアクセスした。

どうせ無名作家だ。バレはしない。
男はそこあった「円」という題名の小説を原稿用紙に写しはじめた。

面白いのはここからだ。
書いては消し、消しては書いての繰り返し。